フラワーインフォメーション

花を長く楽しむポイント

花を長い間楽しむためには、毎日の手入れを欠かさないようにしましょう。花の置き場所、水替えの頻度や水の量などに注意して管理してださい。 また、購入したり、プレゼントされたりした花は持ち運んでいる間に切り口が乾いていることもあるので、花瓶に活ける前には、必ず切り戻しや水あげをしてあげてください。

1.水あげ

花をより長く楽しむためには、花が十分に水を吸収できるよう、水あげをすることが大切です。水あげをする前にはまず下葉を取り除き、ある程度茎を出してから行いましょう。いくつかの方法を紹介しますので花の特徴に合わせてお試しください。

水きり

ごく一般的な水あげ方法でほとんどの花に応用できます。よく切れるハサミを使い水中で茎を斜めに2~5センチ程度切ります。このとき切ってからすぐに水から出してはいけません。すぐに出してしまうと空中で切ったのと同じ状態になり切り口に空気の層ができて、水の吸い上げが悪くなります。

水折り

スプレーマムなどキク科の花に適した方法です。水の中で根元から2~5センチ程度のところで手をひねって折ります。茎の繊維の強いものは、切り口がギザギザになって水を吸う部分が広がり、水を吸い上げやすくなります。

湯あげ

カスミソウやストック・ガーベラなど、花がたくさんついたものに効果的です。根元を2~10センチ程度出し、新聞紙などで花を包みます。器に底から2~3センチ程度の熱湯を張り、花に直接熱気がかからないようにしながら、切り口を10~30秒浸けてください。湯から出したらたっぷり張った水のなかで最低でも1時間は休ませてください。

焼く

バラ・カスミソウなどに適した方法。濡れた紙で花を包んでから、根元2センチほどを炭状になるまで真赤に焼きます。炭になったらすばやくたっぷりの水に入れてショックを与えると花の先端まで水があがります。吸水がよくなるだけでなく、細菌繁殖防止にもなります。

逆さ水

トルコキキョウなどに効果的。葉のたくさんついたものは、葉裏から水分がどんどん蒸発します。むだな葉を間引いてから花を逆さにして持ち、根元のほうから水をかけます。このとき、茎を斜めにして持ち、花に直接水がかからないように注意して下さい。花の部分を紙でカバーするとよいでしょう。逆さ水の後、濡れた紙で30分ほど花全体を包んでおくと更に効果的です。

根元割り

ウメ・サクラなどの枝物や吸水のよくない花に効果的。根元に十文字または一文字の切り込みを入れることで水をあげる方法です。木づちなどで根元をたたいて広げる方法もあります。

2.水あげのあとは

浅水

チューリップ・ガーベラなどに効果的です。切花は茎の切り口からだけではなく、茎の表面からも水を吸収しています。特に球根植物は吸水が良く、たっぷりの水に入れておくと吸水が良すぎて花が早く咲ききってしまいます。水あげする時も、容器の底から2~3センチの水の量で十分です。これは花器に生ける時も同様です。また、茎の柔らかいガーベラなども、水に浸かった部分が傷みやすいので同じように管理します。切り戻しも水に浸かっている部分だけでよいでしょう。

深水

バラ・ヒマワリなどに適した方法です。まず新聞紙で全体をきっちりと包みます。花が水に浸からず、かつ花丈の半分以上の深さまで水を入れた器にまっすぐに入れ3~4時間以上十分に浸けておきます。この方法は水圧を利用して水をあげる方法なのでできるだけ細身の器を使うと更に効果的です。

3.花瓶に生けたあとは

花瓶の中の水を清潔に保ち置き場所を工夫することがなによりも大切です。

水替え 夏場は毎日、冬場でも1日置きくらいで花器の内側もきれいに洗って水を入替えてください。
切り戻し 水替えのときに花茎を切って新しい水の吸い口を出してください。また茎のヌメリも洗い流してください
花がら取り しおれた花や傷んだ葉などをこまめに取り除けば次の花が元気に咲きます。
置き場所 高温になる場所は植物が呼吸過多で消耗し、バクテリアが繁殖してしまうので避ける。冷暖房の風に当てない。

4.ワンポイントアドバイス

身近にあるものを使って水を清潔に保ち栄養を与える方法をご紹介します。

切り花延命剤 殺菌効果、栄養分、界面活性剤、エチレン発生抑制効果などバランスよく配分されておりベストな方法といえます。
漂白剤・中性洗剤 約2リットルの水に数滴落とすと漂白剤や中性洗剤の持つ殺菌作用が細菌繁殖を防ぎ、界面活性効果も得られます。
フロストシュガー 約2リットルの水に小さじ1杯程度を溶かすと植物の栄養となる成分が摂取でき、花に効果がある。普通のお砂糖は粒子が溶けきらず茎の中に粒子が詰まってしまいかえって良くありませんのでご注意を。
夏場は花器のなかの水温上昇と汚れを防ぐために氷を数個入れておくと細菌の繁殖を遅らせることができます。
冬場は凍結防止のために約2リットルの水におちょこ1杯のお酒を入れると効果的。
約2リットルの水に数滴落とすと殺菌効果があります。
その他 十円玉を入れると銅の成分による殺菌効果があります。 炭や活性炭を入れる。または、鉢花の用土に使うバーライトやバーミキュ-ライトを水に沈めて置くと水中の有機物を吸収し水が腐らない。

【漂白剤・中性洗剤】【フロストシュガー】【その他】の3つを組み合わせると【切り花延命剤】とほぼ同等の効果が得られます。

※一番大切なのは、愛情です。


このページの先頭へ戻る