フラワーインフォメーション

品目別水あげ方法

輪菊 「水折り」をします。ただし、葉は水につかると腐りやすいので下葉はきれいに取り除いて下さい。
スプレーマム 「逆さ水」をした後に「水折り」をします。ただし、葉は水につかると腐りやすいので下葉はきれいに取り除いて下さい。
バラ 新聞紙などで固く包み「水きり」をして「深水」をすれば元気になります。また、茎を炭化するまで「焼く」方法もあります。
カーネーション 「水おり」をして、こまめに水を替えれば長い間楽しめます。茎の節の部分のすぐ上で切ると水あげが良くなります。スプレー咲きの場合は、咲きそうにない蕾を根元からカットしほかの花に栄養を回します。
アルストロメリア 「水きり」をして「深水」でOKです。こまめに水替え、切り戻しをして切り口が腐らないように管理すれば長い間楽しめます。アルストロメリアは葉っぱが弱いですが、それらは取ってもかまいません。
グロリオサ 「水きり」でこまめに水替えと切り戻しをして下さい。霧吹きで花びらを湿らせていくのも良いです。
ガーベラ 新聞紙などで固く包みガーベラをまっすぐにして水あげを行ないます。「水きり」でもOKですが「湯あげ」が効果的です。「水きり」の場合は新聞紙で巻いたまま「深水」につけます。水あげは良いですが、切り口が傷みやすいので毎日切り戻しをして下さい。
ストック 通常は「水きり」でOKですが「湯あげ」も効果的です。下葉が水につかると傷みやすいので下葉は取り除いて下さい。
リシアンサス 「水きり」でこまめに水替えをして下さい。花持ちは良いのですが首から折れやすいので取扱には注意して下さい。
カスミソウ まず、1本1本ほぐして下さい。その後、「水きり」をして水あげして下さい。水あげは良いので、新鮮な水で管理してあげれば蕾まで咲かせることができます。茎を適時に「焼く」と効果的です。
スィートピー 「水きり」でもOKですが、「湯あげ」が効果的です。水あげをした後はこまめに水替えと切り戻しをして下さい。

花きの管理のポイント

水あげ方法や管理のポイントなど下のリンクよりダウンロードのうえ印刷してお使いください。


このページの先頭へ戻る