花きニュース

2021年12月13日
愛知県知事賞に木村崇志さんのほ場輝く

輪菊部会は「第43回田原市・JA愛知みなみ電照ぎくほ場共進会」を開催しました。

共進会には「神馬」10点、「精興の誠」8点、「精興光明」1点が出品され、田原農業改良普及課、JAあいち経済連、輪菊部会役員らが参加し審査しました。
愛知県知事賞には木村崇志さんのほ場が選ばれ、審査員からは「生育・開花とも揃いが良く、花の品質も優れており、ロスも少なく収量性や秀品率の高さが見込まれる優れたほ場」と評価されました。


▲審査の様子

金賞受賞者一覧(敬称略)

◆愛知県知事賞 精興の誠  木村 崇志
◆田原市長賞 神馬 石井 孝史
◆愛知県花き温室園芸組合連合会長賞 神馬 仲神 充基
◆愛知県農業協同組合中央会長賞 神馬  山田 賢吾
◆愛知県経済農業協同組合連合会
 経営管理委員会長賞
神馬  杉原 宏由紀
◆東海地域花き普及・振興協議会長賞 神馬  山内 彰太
◆愛知みなみ農業協同組合長賞 精興の誠  伊藤 洋
◆愛知みなみほ場共進会長賞 精興の誠  葉山 徳彦

【審査講評】田原農業改良普及課
今回の共進会は、12月開花作型を対象に行われました。日中の気温が高いと草姿のボリュームが付きにくく、生育にばらつきが出やすくなります。今年は平年より暖かい日が続いたため、栽培管理には苦労する天候でしたが、生産者がほ場・栽培管理を工夫し、より収量、品質を向上させようとした努力が見られ、改めて栽培技術の高さを確認することができました。

このページの先頭へ戻る