じゃがいものレシピ

 「じゃがいも」とひらがなで書いてもしっくりするほど、日本の食卓になじんでいる野菜ですが、江戸時代にジャカトラ(現在のジャカルタ)からオランダ人によって伝えられた洋菜です。
 じゃがいもの主な成分はでんぷんですが、ビタミンCが多いのも特徴で、その量はリンゴのおよそ5倍ほど!しかもそのビタミンCはでんぷん質で保護されているため、壊れにくいのです。じゃがいものビタミン類は皮の近くに集中しているので、皮を付けたままゆでるなどして皮付きのまま調理する方がビタミンを十分生かせます。


このページの先頭へ戻る