大つもごの大ごちそう

材料

  • こも豆腐又は灰豆腐 1丁
  • 飛竜頭(がんもどき) 2枚~4枚
  • 油揚げ 4枚
  • ちくわ 2本
  • 糸昆布 1/2袋
  • 大根 200g
  • 人参 120g
  • ごぼう 40g
  • 里芋 2個
  • 煮干(腹と頭を除く。または鰹節) 20g
  • しょうゆ 80㏄
  • 砂糖 カップ1/2
  • 酒 少々

作り方

  1. 大根、人参、里芋、ごぼうは大きな乱切りにする。ごぼうは水にさらし、アクをぬく。
  2. こも豆腐は大きめに切る。ちくわは斜め半分に切る。飛竜頭、油揚げは半分に切る。(そのまま切らずに使ってもよい)
  3. 糸昆布はさっと洗って水に浸す。
  4. 鍋に具が隠れる程度の水、煮干、野菜を入れ、その上に糸昆布、こも豆腐、飛竜頭、油揚げをのせて火にかける。
  5. 煮立ってきたら調味料を入れ、ゆっくり味がしみ込みまで煮込む。

* 材料を大きく切ることがポイント

いわれ

大晦日までに作り、正月中、温め直しては食べる渥美地方に古くから伝わる料理です。正月の間、忙しい主婦がのんびりできるように考えられたものです。
昔はかまどで使う大鍋 "はそれ(はそり)"いっぱい作って食べました。
こも豆腐は、豆腐をわらで包んでしばり、ゆでたもの。わらの筋目と風味がつき、独特の味わいとなります。
灰豆腐は、豆腐を新聞紙に包み、一晩灰の中に入れて作ります。きめ細やかで固さもあり、味がつきやすくなります。

このページの先頭へ戻る