イワシのだんご汁

材料(4人分)

  • シシコイワシ(カタクチイワシ) 30匹
  • 人参 20g
  • ねぎ 1本
  • 糸昆布 適宜
  • 生姜 ひとかけ
  • みそ 大さじ3
  • 水 カップ4
  • しょうゆ 汁の場合適宜

作り方

  1. イワシは頭、腸わた、中骨、尾を手で取りよく洗う。水気を切ってから包丁で刻み、すり鉢ですりつぶす。
  2. 人参は千切り、水にもどした糸昆布は3cmに切る。ねぎは粗いみじん切りにする。生姜はすり下ろして絞っておく。
  3. 1へみそを加えて混ぜ、さらに2を入れて混ぜる。
  4. 鍋に水を煮立てて、3をひと口大の団子に丸め、中央をつぶしてゆでる。
  5. 大根おろしやしょうゆをつけていただく。 (4にしょうゆで味をつけ青ねぎを添えて団子汁にも)

いわれ

大晦日までに作り、正月中、温め直しては食べる渥美地方に古くから伝わる料理です。正月の間、忙しい主婦がのんびりできるように考えられたものです。
昔はかまどで使う大鍋 "はそれ(はそり)"いっぱい作って食べました。
こも豆腐は、豆腐をわらで包んでしばり、ゆでたもの。わらの筋目と風味がつき、独特の味わいとなります。
灰豆腐は、豆腐を新聞紙に包み、一晩灰の中に入れて作ります。きめ細やかで固さもあり、味がつきやすくなります。

このページの先頭へ戻る