ナスのレシピ

ナスの原産地はインドですが、日本に伝わったのは奈良時代以前と歴史が古く、昔から日本人になじみが深い野菜です。ナスは約93%が水分で、他の野菜に多いビタミンやミネラルは余り含まれていません。
 しかしナスは水分が体を冷やし、夏にありがちなのぼせ、ほてりを解消してくれます。
 ナスの紫色の皮に含まれるフラボノイドという成分には、抗がん作用のあることが認めれ、同じく皮に含まれるナスニンという成分にはコレステロール値を下げ、動脈硬化を防ぐ働きがあることが分かりました。つまりナスは血圧を下げ、血管を丈夫にすることに役立ちます。


このページの先頭へ戻る