トマトのレシピ

 トマトの赤色はリコピンによるもので、体の組織を酸化させる"活性酸素"の発生を抑える高酸化作用を持っています。リコピンは熱に強く、加熱調理でも失われませんので、スープ、ジュースなどで丸ごと摂るのが理想的です。
 また日光を多く浴びて育った完熟期の赤系トマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルなどもより多く含んでいます。


このページの先頭へ戻る