JA愛知みなみ常春部会
トップページへ戻る
産地紹介
部会紹介
取り組み
キャベツのできるまで
キャベツを使った料理
リンク
お問合せ
部会紹介

部会の歴史

 平成13年4月1日の農協合併で、JA愛知みなみが誕生したのをきっかけに、旧JA愛知渥美町の伊良湖キャベツ出荷連合と、旧JA田原町の田原キャベツ部会が合併したことにより、新しいキャベツ部会“常春部会”が平成14年10月17日に設立された。
 “常春”の由来としては、私達がいる愛知県の渥美半島が、1年を通して温暖な気候であり“常春半島”とも呼ばれている為です。
 平成16年度には、部会員全員がエコファーマーの認定を受け、産地をあげて環境に配慮したキャベツ生産に取り組んでいます。
 又、平成18年度には部会をあげて認定農業者の増加に取り組み、地区別に説明会及び計画作成会を開催し、多数の部会員が認定を受けました。平成23年度には「日本農業賞」そして「内閣総理大臣賞」と名誉ある賞をいただくことが出来ました。

 

部会のPR

 

常春部会は、生産者394名で構成され、栽培面積が約800haで年間出荷量が550万ケースを予定しています。
 品種構成としては冬系キャベツ60%、春系キャベツ40%が栽培されています。
 出荷期間は10月中旬〜6月下旬までの約8ヶ月間を通して出荷をしています。
 通常出荷のほかに、特別栽培研究会のこだわり栽培や、サラダっ子キャベツ研究会、ペイズリーキャベツ研究会など、こだわり品種なども栽培しています。ほかにも、加工業務用向け出荷に取り組むグループとして、「てつコン倶楽部」・「太陽キャベツ研究会」があり、パレテーナ出荷による契約生産を導入し、収穫・出荷作業の省力化と低コスト・安定供給を実現しています。
 また5月〜6月にかけて出荷される初夏穫りキャベツは、年々栽培者が増加し出荷量が伸びてきている時期となります。