みなみトピックス情報

応募総数3036通!どうまい牛乳13周年キャンペーン抽選会

2020年06月22日掲載

 田原酪農部会は、田原産生乳100%のJAブランド「どうまい牛乳」の販売13周年を記念したキャンペーンの抽選会を行いました。
 昨年より182通多い3036通の中から田原酪農部会の藤井部会長と中央製乳㈱の草柳執行役員販売第1部部長の手により1枚1枚厳正な抽選を行い、A・B・C賞合わせて130名の当選者を選びました。
 応募はがきには、「新型コロナに負けずに頑張ってください」など生産者を応援するメッセージが多く寄せられました。
キャンペーン応募はがきに寄せられたご意見(一部)
■いつも美味しく頂いています。息子も6歳になり今まで以上にどうまい牛乳を美味しいと飲んでいます。今年入学でしたが休校。どうまい牛乳を飲みながら、何か良い事ないかな?とつぶやき、こうなったら美味しい物を!と応募してみました。これからも息子の成長のために美味しい牛乳をよろしくお願いします。(静岡県 浜松市)
■どうまい牛乳を作ってくださる全ての方に感謝してます。近くにいくつかのスーパーがあるのですが、どうまい牛乳を売っているのはこの2店しかありません。キャンペーンを知る前から、いつかこの牛乳の美味しさ・感動を伝えたいと思っていました。スーパーで沢山売っている牛乳より70円ぐらい高いのですが、いくら払っても私はどうまい牛乳一択です。(岐阜県 土岐市)
■どうまい牛乳のポーズが好きで、牛乳を飲む時に同じポーズで娘と息子が飲んでいます。牛乳を大量に飲むので毎週たくさん購入しても冷蔵庫から消えていきます。(豊川市)
■職場で飲んでいる牛乳をどうまい牛乳に変えました。みんな美味しいと言っています。職場でも多めに取るように心掛けています。(豊橋市)

このページの先頭へ

新型コロナウイルスの影響甚大 花きの現状を報告

2020年05月20日掲載

 花き連絡協議会は、新型コロナウイルスの影響により、かつて無い販売不振に陥っていることに伴い、臨時の花き連絡協議会を開催しました。
 地元選出の根本幸典衆議院議員と山本浩史愛知県議会議員も出席し、各花き部会代表者が農家の直面する窮状を報告し、情報交換を行いました。
 これまでの販売低迷に加え、先行きの情勢も見通しが立たないことから、花き農家の経営支援を国や行政に要望することを決定しました。
 臨席した根本議員と山本県議にも協力を求め、両氏とも真剣な表情で生産者の声に耳を傾けていました。

このページの先頭へ

LA訪問の際はよろしくお願いします!共済事業進発式

2020年05月20日掲載

 共済普及推進課は、本店にて令和2年度共済事業進発式を行いました。
 新型コロナウイルスの感染防止の観点から、規模を縮小しての開催となりましたが、役員、共済連、LA職員が見守る中、目標達成を祈願し木村常務による「だるまの目入れ」が行われました。
 今年度も引き続き「3Q訪問活動」を展開し、お客様に信頼される共済推進を心掛けます。

このページの先頭へ

CSF防疫対策に貢献

2020年04月20日掲載

CSF(豚熱)防疫活動に関わる感謝状贈呈式が、田原市役所にて行われました。
市内で発生したCSF(豚熱)の早期封じ込めに尽力した5団体が出席し、田原市長から感謝状が贈られました。
山下市長は「豚熱は非常に感染力が強く、国内でも蔓延し大変な事態でした。このような中、皆様が対処していただいたおかげで、今は落ち着いています。養豚農家の再建のため今後も力を合わせて支援していきましょう」と述べました。

このページの先頭へ

共済事業目標達成式

2020年04月20日掲載

共済普及推進課は本店において、令和元年度共済事業目標達成式を行いました。
髙瀬組合長の挨拶の後、目標成就に感謝して、木村常務によるだるまの目入れが行われました。令和元年度は目標に対し、102%の実績(3月30日現在)を残すことが出来ました。
日頃の推進活動にご理解、ご協力いただいている組合員の皆様に感謝の気持ちを忘れず、組合員に寄り添ったより良い共済提案が出来るよう出席したLA一同気を引き締めていました。

このページの先頭へ



このページの先頭へ戻る