みなみトピックス情報

假屋崎省吾氏が日本一の花の産地を視察、イベントを開催

2020年02月20日掲載

テレビなどでおなじみの華道家・假屋崎省吾氏が、管内の花き生産者のほ場を視察しました。
日本一の花の生産地である田原市をPRするためのイベントに招かれていた同氏は、ディスバッドマム、グロリオサ、スイートピー、輪菊の各ほ場を回り、栽培や品種に関することから花に対する想いなど、生産者との会話を弾ませていました。
午後から渥美文化会館で行われたイベントでは、約700名の来場者で溢れ、地元の花をふんだんに使った同氏による生け花の実演や、テレビの人気企画「プレバト生け花査定」に一般公募からの参加者4名が挑戦し、小学3年生の森下泰成くんが「才能あり」に輝くなど、大盛り上がりでした。

このページの先頭へ

国会議員と各部会代表が田原の農業の未来について意見交換

2020年02月20日掲載

JA愛知みなみ本店会議室にて、農林水産大臣政務官の藤木眞也参議院議員と地元愛知県第15区選出の根本幸典衆議院議員を招いて、各部会代表者15名との意見交換会を開催しました。
国会議員の先生からの情勢報告に続いて、部会代表者から活発な意見が投げかけられました。どの質問も将来の田原市農業の発展を願うものであり、国会議員の先生に地元農家の生の声が届けられました。要望を国政に生かしていくことを約束し、閉会となりました。

このページの先頭へ

JA蒲郡市の助け合い組織と交流会

2020年02月20日掲載

助け合い組織は、生活会館においてJA蒲郡市の助け合い組織との交流会を行いました。
JA蒲郡市からは助け合い組織の会員14名が訪れ、日頃ミニディで行っている工作や体操などの活動内容をお互いに体験し合いました。昼食は、当JAの会員が手作りした、栗ご飯と地元野菜を使った料理や、おやつには「じょじょ切り」を振る舞いました。
最後は、JA蒲郡市の助け合い組織がスコップ三味線を披露し、お礼の気持ちを伝えていただきました。

このページの先頭へ



このページの先頭へ戻る